ヨガの腹式呼吸でリラックス!3つの効果とは?

「ヨガで呼吸法が大事だというけれどどうして?」

と思っていませんか?

一般的なヨガで行われる腹式呼吸をマスターすることで、

自律神経を整え、リラックスをすることができます。

日常生活でも取り入れられますので、仕事の合間などで落ち着きたいときにも活用できます。

ですが、どんな効果があるのかわかりにくいですよね。

そこで、腹式呼吸の効果である、

  • 血液の循環を整える
  • 内臓の働きが活性化する
  • 自律神経を整える

について具体的に紹介します。

すぐに理解して、実践することができますよ。

では、早速見ていきましょう。

 

効果1 血液の循環を整える

ヨガの腹式呼吸では、血液の循環を整える効果があります。

また腹式呼吸を実践すると、深い呼吸になり、酸素を取り込める量も増加します。

その結果、全身の細胞に酸素を届けやすくなり、代謝が活発になります。

さらに血流が活発になることで、指先や足の冷え、むくみを解消しやすくなりますよ。

ヨガを通して、内臓が活性化し、インナーマッスルも鍛えられる効果があります

そのため、ヨガの効果をより高めるためにも腹式呼吸は欠かせません。

 

効果2 内臓の働きが活性化する

腹式呼吸呼吸を行うことで、内臓の働きを活性化させる効果があります。

腹式呼吸をすることで、横隔膜が膨らみ内臓をマッサージする効果があるからなんです。

また、血液の循環も活性化し、相乗効果もあります。

その結果身体の老廃物を排出しやすくなります

 

効果3 自律神経を整える

腹式呼吸には、自律神経を整え、リラックスさせる作用があります。

人は、普段の仕事や興奮状態のときには、自律神経の中でも交感神経の働きが活発化しています。

それを、腹式呼吸によって副交感神経の働きが活発になることで、イライラやストレスを抑えることが可能です。

ヨガは、リラックスした状態で行うことで、効果を高めることができるので、自律神経を整えることは、ヨガをする上で、とても大事なことなんですよ。

 

腹式呼吸で、ヨガの効果をより高めましょう

ヨガの腹式呼吸をマスターすることで、

  • 血液の循環を整える
  • 内臓の働きが活性化する
  • 自律神経を整える

という効果があることをお伝えしました。

これらの効果は、互いに影響し合っています。

そのため、呼吸法でヨガの効果を高めることができれば、インナーマッスルや内臓の働きも活性化し、呼吸法で得られる効果もより高まる、というよい循環ができます。

これらの効果はヨガではもちろん日常生活でも活用することが可能です。

ぜひ日常でも実践してみてくださいね。

  1. 体幹を鍛える5つのメリットとは?体幹を鍛えて健康も美も手に入れよう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP