うつの改善にヨガがおすすめできない場合

うつの改善にヨガがおすすめできない3つのケース

「うつの改善にヨガをしたいけれど、気をつけることはある?」

そうお悩みではありませんか?

ヨガはうつ病の予防に効果が期待できるヨガですが、うつ病になっている人におすすめできない場合もあります。

今回は、うつの人やうつの予防をしたい人でヨガがおすすめできない場合について具体的にお伝えしたいと思います。

 

うつの予防にヨガがおすすめできない場合

うつの予防にヨガがおすすめできないのは主に3つのケースがあります。

具体的には、

  1. 気持ちが不安定な状態のとき
  2. 疲れて何もしたくないとき
  3. 心理的に「嫌だ」と思うとき

です。

また、うつ病の予防や改善にある程度の効果があるとは言われているものの、科学的な根拠は十分ではありません。

もしうつ病と診断されているときにヨガをしたいのであれば、お医者さんとよく話をするようにしましょう。

 

気持ちが不安定な状態のとき

ヨガは気持ちが不安定な状態の場合はあまりおすすめできない場合があります。

ヨガは、呼吸をしながら身体を動かすことで、自分の身体や内面に向き合うことができます。

こういったことが、自律神経を整えるのに効果があるゆえんです。

ですがすでにうつ病だと診断されている人の場合だと、内面と向き合うことが悪影響に働いてしまう場合があります。

 

疲れて何もしたくないとき

ヨガは疲れて無気力な状態で無理やり行うものではありません。

特にうつ病の人が疲れた身体を無理して動かそうとするのは禁物。

疲れたときには休息を優先して、身体をよく休めましょう。

 

心理的に「嫌だ」と思うとき

ヨガは心理的に嫌だと思いながらするのはあまりおすすめではありません。

いやいややっていると、本来ヨガが持っている自律神経を整える効果が十分に発揮されなくなってしまいます。。

ヨガはうつの改善や予防のために無理やりするものではありません。

前向きに楽しみながらやっていくことで、ヨガの効果は最大限発揮されます。

 

ヨガは「無理に頑張ろうとするもの」ではありません

今回はうつの予防や改善のためでも、ヨガがおすすめできない場合についてお伝えしました。

具体的には、

  1. 気持ちが不安定な状態のとき
  2. 疲れて何もしたくないとき
  3. 心理的に「嫌だ」と思うとき

がありましたね。

ヨガはうつの予防や改善に効果が期待できますが、それは無理にやろうとすると悪影響になってしまうことも。

特にうつ病だと診断された場合は、無理をせず病院で治療を受けるようにしてくださいね。

  1. ホットヨガは精神を落ち着かせます
  2. 日々のストレスの発散に!ヨガはうつ病の予防に効果がある?
  3. ヨガ効果を高める?ヨガとアロマの相関関係とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP