日々のストレスの発散に!ヨガはうつ病の予防に効果がある?

日々のストレスの発散に!ヨガはうつ病の予防に効果がある?

「ヨガはうつ病の予防に効果があるのかしりたい」

そうお考えではありませんか?

ヨガは自律神経を整える効果があり、うつ病の予防に効果が期待できます。

とはいえ今ひとつピンとこない方もいらっしゃいますよね。

そこでこの記事では、ヨガがうつ病の予防に効果が期待できる理由をお伝えします。

 

ヨガがうつ病の予防に効果がある理由

ヨガがうつ病の予防に効果が高い理由は、自律神経を整えてくれる効果が期待できるからです。

より具体的には、

  • 副交感神経の働きを優位にし、リラックスさせてくれる
  • 身体の基礎代謝を向上させ、身体の機能が上昇する
  • 運動強度が低いため、はじめやすい

という3つの効果が期待できます。

 

副交感神経の働きを優位にし、リラックスさせてくれる

ヨガは、副交感神経の働きを優位にしてくれる効果があります。

腹式呼吸による深い呼吸は、リラックスを促すセロトニンの分泌してくれるからです。

このセロトニンが分泌されることで、

  • 睡眠の質が上がる
  • 免疫力が向上する

などの効果があります。

このセロトニンが分泌されることで、交感神経が優位になりがちな自律神経を整えることができます。

 

身体の基礎代謝を向上させ、身体の機能が上昇する

ヨガは基礎代謝を向上させてくれる効果も期待できます。

身体のインナーマッスルを鍛えることで、

  • 内臓の働きが活性化する
  • 全身の血流の流れがよくなる
  • 姿勢がよくなる

などの作用があります。

運動そのものも、うつの予防に効果が期待できますが、身体の状態がよくなることでも、うつ病の予防には効果が期待できます。

 

運動強度が低いため、はじめやすい

ヨガは運動強度が低いため、普段運動をしていない人でもはじめやすいことが特徴です。

ヨガは身体をしっかり動かすイメージがありますが、そうではないものもたくさんあります。

運動不足の人ほど、身体も疲れをためやすく、うつ病になりやすい傾向にあります。

ですが、普段運動していない人がいきなり運動をはじめるのは中々ハードルが高いものです。

ヨガは運動としては軽いものも多いため、はじめの一歩として取り組みやすいという特徴があります。

 

ただし、こんなときにはおすすめできない場合もある

ただしうつ病の状態の場合おすすめできない場合があります。

具体的には、

  • 気持ちが不安定な状態のとき
  • 疲れて何もしたくないとき
  • 心理的に「嫌だ」と思うとき

詳しくは「うつの改善にヨガがおすすめできない3つのケース」をご覧ください

そういった場合は、症状が悪化してしまう可能性もありますので、無理はしないほうがよいでしょう。

 

ヨガでうつになりにくい身体を作ろう

今回はヨガが鬱の予防におすすめな理由をお伝えしました。

具体的には、

  • 副交感神経の働きを優位にし、リラックスさせてくれる
  • 身体の基礎代謝を向上させ、身体の機能が上昇する
  • 運動強度が低いため、はじめやすい

がありましたね。

  • 普段ストレスがたまりがちな人
  • 疲れがたまりやすく、負担運動していない人

は、この機会にヨガをはじめてみてはいかがでしょうか。

三重のホットヨガスタジオアルディラのレッスンスケジュールはこちら

 

  1. ヨガ効果を高める?ヨガとアロマの相関関係とは?
  2. うつの改善にヨガがおすすめできない場合
  3. ホットヨガは精神を落ち着かせます

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP